探偵社と興信所の違いを比較してみた

amuse

kura

探偵社と興信所の違いを比較してみた

様々な調査の依頼を受け、解決をすることで依頼主の問題を解決してれる仕事に探偵と興信所があります。探偵と興信所は、現在では規模の大きな会社などでは様々な依頼に対応をしているために、その違いもほとんど見られない場合もありますが、本来は異なった業務内容を行っており、小規模な事務所の場合などでは明確に分けて依頼を受けているところもあります。
調査には、大きく、結婚や雇用、また取引先などに対して行われる信用調査と、浮気調査などに代表される行動調査の2つがありますが、まず、探偵では行動調査を主として業務が行われることになります。探偵はルーツとしては刑事退官をした人によって始められたとされており、ここでは、尾行や張り込み、また、聞き込みや内定といった調査方法が取られ、調査対象から気付かれないように工夫を凝らして調査が進められます。依頼主においても個人の場合が多く、浮気調査の他にも人探しやストーカー、また、盗聴器の発見などが調査対象となっています。
一方興信所の場合には、始まりとしては企業に関しての信用調査があり、歴史的にも明治時代に設立された商業興信所が最初とされています。興信所が行う調査としては、企業関係の雇用や取引先の調査といった内容があり、他にも結婚等の信用調査を行う場合もあります。探偵と大きく異なるのは、調査対象者に身分を明かしてから調査をすることが多く、そのために外枠的な業務内容となっています。
調査機関の選び方としては、それぞれの会社には得意分野があるために、事前に確認をしてから依頼をすることが必要になりますが、一般的に基本料金の他に様々な経費が生じることも多く、そのために見積りを取ることも大切なことになります。