浮気調査にかかる期間

amuse

kura

浮気調査にかかる期間

浮気調査にかかる期間は、探偵に対して依頼をする人が提供する情報の量によって決まります。

 

探偵に浮気調査を依頼するときには、まず大前提として調査をする対象の情報収集にも時間がかかるということを知っておく必要があります。例えば、調査をして欲しい人の名前や住所がわからないのならばその人の情報を集めるところから調査を開始しなくてはなりませんし、浮気相手に心あたりがないときには調査をする対象が何らかの行動をするまでじっくりと待たなくてはいけません。

 

こうした時間にも探偵に対する依頼料金やそれに伴う時間は使われてしまいますので、浮気調査を依頼するときには必ず必要最小限の情報は伝えておく必要があります。実際に、単体に対する浮気調査の依頼料金は調査にかかる期間が長くなるほど高額になっていく傾向にありますので、調査機関を効率良く短くすることができればそれだけで無駄なお金を支出しなくても良くなります。

 

実際には、多くの探偵事務所で三時間という一つの単位を準備しています。一日の中で三時間程度で調査を終わらせることが出来るのならば約三万円程度の費用で収めることが出来ます。三時間あたりでそれだけの料金で済むということは、必要な情報さえ渡しておけば探偵の調査能力を持ってすればきちんとその範囲で調査を終わらせることが出来ることを意味します。
反対に、調査機関が一週間程度になってしまうと料金は百万円を超えることもありますので、調査に使う期間は依頼にとって非常に重要であるということは前提として理解しておきましょう。

 

では、そもそも探偵の調査期間を短くするための手助けとしてどのような情報を提供すればよいのでしょうか。まず、調査相手の詳しい情報は必須で、顔写真と名前、その人が暮らしている場所、働いている場所、平日や休日の行動時間など詳しい情報を提供しておくことが重要です。特に、顔写真と行動パターンが読めていればその人を追跡して怪しい時間帯に張っておけば容易に調査をすすめることが出来ますのでこうした情報は渡しておくことが重要です。

 

実際に浮気調査が進んでいくと、経過観察としてどのような状況になっているのかを探偵が逐一報告してくれます。報告の中で満足の行く結果を得られればそれで終わればよいですし、納得ができないのならば継続的に調査して貰えばよいのです。
少なくとも、探偵の浮気調査にかかる期間は依頼人が提供する情報量やそれに伴う状況によって異なることをわかっておきましょう。